QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
賃貸人斬九郎
賃貸人斬九郎
賃貸管理会社役員をやりながらゲリラ装備好きが高じてHamasハチマキの販売を初めました。カッサム旅団http://qassam.militaryblog.jp/

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年04月12日

イスラエルFAB社製のパレスチナでの使用例


パレスチナではHamasやイスラム聖戦、ファタハなどがイスラエル製のスリングを使っているのは以前振れたと思いますがスリングばかりでなく
AR15用のバックストックやフォアグリップなどもイスラエルのFAB社製をを使っているように見受けられるので少し検証していきたい。


1枚目の写真はファタハですがフォアグリップがFAB社のバーティカルグリップが使われていますね。因にミツネフェットもいつもパレスチナゲリラが使っている民生品の布製では無くイスラエル軍が使っているメッシュ製の物ですね。2枚目も右側の銃が同様のグリップで真ん中ぐらいにあるFAB社のフォールディンググリップを使っていますね。


これもファタハですが1枚目、2枚目ともFAB社のGLバックストックが使われていますね。




DFLPですが1枚目はファタハが使っていたもFAB社のバーティカルグリップとバックストックはGLR‐16
を使用していて2枚目はマグプルのフォアグリップとバックストックはGLR‐16を使用している。



イスラム聖戦ですが2枚ともFAB社のバックストック。2枚目はDFLPと同様の物ですね。



最後はHamasですが使用3例目になりますが3枚ともGLR‐16をバックストック使用している。


最後の写真もFAB社のバックストックですがこれ観よがしに写真に写っているのが多いので
ところをみるとイスラエルに対して『使っているよ』と誇示しているように観えるのは僕だけでしょうか?