QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
賃貸人斬九郎
賃貸人斬九郎
賃貸管理会社役員をやりながらゲリラ装備好きが高じてHamasハチマキの販売を初めました。カッサム旅団http://qassam.militaryblog.jp/

2015年03月30日

アーメド・アリ・リシュ旅団(ファタハ)


赤丸をしてある謎の旅団がどうやらファタハの派閥の1つであるアーメド・アリ・リシュ旅団という組織で
あるらしい。この画像は合同記者会見の画像ですが組織ロゴのマスクでとても目立ちますね。




組織のロゴは2丁のAKがパレスチナの領土を中心にAKマガジンで楓の葉のように観えるので欧米からは
楓の旅団的な名称で呼ばれているようなふしもあるようですが自分にはヒトデのように観える。


アル・アクサ殉教者旅団同様で私服兵の姿が多いようですね。組織のロゴの入ったTシャツを着ていますね。
こういう民兵装備、ゲリラ装備チックなのはヨルダン川西岸地区の組織の傾向でしょうかね?



組織が基調にしている色はどうやら水色みたいですね。下の白いクーフィーヤ(アラビア半島近辺ではシュマグのことをそう呼んでいる)がファタハでぽい感じがしますね。


黒い鉢巻きや帽子だけだとだとアラビア文字だけなのでどこのアラビアの組織だか解らない・・・かすかに後ろに観える
水色の旗が組織を判断する生命線・・・海外画像が少ないので組織の人数や規模などは不明でとても謎の多い組織ですね。











DFLP(パレスチナ解放民主戦線)鉢巻き【http://gerira13.militaryblog.jp/e612085.html
ファタハ(Fatah)鉢巻き【http://gerira13.militaryblog.jp/e634274.html

  

Posted by 賃貸人斬九郎 at 05:15Comments(0)ファタハ(Fatah)

2015年03月28日

富裕層出身のレジスタンス


先日、テレビ東京のカンブリア宮殿を観ていたビンラディングループと提携して聖地メッカのドームの
塗り替え事業を関西ペイントがするのが特集されていた。【ビンラディングループ】と聞いて皆様は驚かれていると思いますが
アルカイダの指導者である故・ウサーマ・ビン・ラーディンの一族がやっている企業で創業者はビン・ラーディンのお父さんである。


テレビの内容はサウジアラビアは厳格なイスラム教の国で、海外企業の参入は難しいといわれる。そこで関西ペイントがビンラディングループ
と提携したらしいのだがこのビンラディングループはかなり力のある企業らしくサウジに本部を置く建設複合企業らしい・・・





それ以外にも上の画像のアラブ首長国連邦(UAE)ドバイのビル「ブルジュ・ハリファ」(約828メートル)を超える1000mを超えるビル事業にも
着手するぐらいの大手ゼネコン企業のようだ。彼は大富豪の身でありながら一生安泰な身でありながら戦火に身を投じたのは何故なんだろう?



彼の行動は同じ裕福な身でありながらキューバ革命に身を投じた赤いキリストとと呼ばれたチェ・ゲバラにも似てルとも言える。彼もアルゼンチンの医者の家に生まれた富裕層の出身。態々戦火に身を投じなくても良い未分と言えたが革命に参加をした。故・ウサーマ・ビン・ラーディンの場合は今は一族から除名されている事をみるとアプローチを間違え・・・失敗した。9.11の民間人を狙ったテロ攻撃は歴史を検証しても大義名分を得られない・・・変えって敵に大義名分を与えてしまうのではないだろうか?



日本にの富裕層出身の幕末の志士と言えば長州の上級武士出身の高杉晋作。彼が居なかったら討幕は実現しなかったと思う。
そのくらいの戦略家だと思うし切れ者だ。そう考えると世の中を変えたいと思う人間に身分や貧富の差は関係ないのだろう。















        ハマスTシャツ【http://gerira13.militaryblog.jp/e536306.html
ハマスTシャツ(腕章タイプ)【http://gerira13.militaryblog.jp/e555680.html
      ハマスTシャツOD【http://gerira13.militaryblog.jp/e570913.html
    HamasロングTシャツ【http://gerira13.militaryblog.jp/e613434.html
  

Posted by 賃貸人斬九郎 at 05:05Comments(0)雑談&日常などムジャヒィディン装備

2015年03月26日

M16A2(Fatah)


1982年にアメリカ全軍に採用され、1984年からM16A1に代わって順次更新、1991年に始まった湾岸戦争ではアメリカ軍の主力突撃銃として活躍。
NATO各国に採用され、民間にもAR15A2の名で販売されている。現在ではアメリカの警察官が使っているなどの使用例がある。


先進国の軍隊では現役を終えている銃ですがファタハのアル・アクサ殉教者旅団では使用例が度々目撃されます。


パレスチナガザ地区などの組織はAR系よりもどちらかというとAKの方が使用例の画像が多いですが西海岸西岸地区のファタハはAR系の画像を多く観掛けますね。
3枚目の写真はクーフィーヤ(アラビア半島近辺ではシュマグのことをそう呼んでいる)が無かったらギャングにしか観えません。
とても民兵装備、ゲリラ装備ぽい恰好ですね。ミリシア感満載です。


フォアグリップを付けたりデカいスコープを載せたりパレスチナの人はデコルのが大好き♪日本のサバゲーマーみたいだね。


私服兵が相変わらず多い民兵度の高いファタハのアル・アク●殉教者旅団。ロゴ入りマスクのM16A2を持っている兵士。
3枚目の左側の横シマの服を着た兵士はレール載せたりかなりいじっていますね~かなりタクティカルです。















伸縮ライフルスリング/sling(イスラエル製)【http://gerira13.militaryblog.jp/e621438.html
ライフルスリング(sling)【イスラエル製】【http://gerira13.militaryblog.jp/e577474.html
アバヤパキスタン製(パキスタン製)【http://gerira13.militaryblog.jp/e601853.html
チャドル(パキスタン製 )【http://gerira13.militaryblog.jp/e580215.html

  

Posted by 賃貸人斬九郎 at 05:15Comments(0)ファタハ(Fatah)M16

2015年03月24日

2015年03月22日

ロッケット作ろう!(人民抵抗委員会)


人民抵抗委員会のアル・ナセルサラディーン旅団がロケットを作る画像です。Hamasのカッサムロケット
も手作りらしいですがおそらく同系の物ですね。今回は連続写真の画像を観付けたので掲載したいと思います。



原料を棒でこねるようですね。ボールや鍋を使用しているので白いのでうどんでも作ってるみたいですね。
こういうハンドメリド的なところはいかにもゲリラぽいですね。ゲリラ装備的な要素満載です。



火に掛けて1度溶かすようですね。かなりコネれて粘り気が出て粘土状になってきておりますね。



用意してあったロケットを用意して中に原料を流し込みます。



原料を流し込んで固めるだけみたいなので意外と簡単なので驚きですね。鍋つかみのような手袋をしているようなのでかなり熱いのでしょうね。
こう言う秘密基地でロケットを制作するシーンをネタで再現出来たら面白いでしょうね。民兵装備の遊びに取り入れたら面白そうです。



弾頭を付ける写真が無いのでその辺は秘密のようですね。ロケットの発射台に載せたら完成です。
最後は記念写真・・・昔、NHKの教育番組でやっていた【できるかな】みたいなラスト・・・歳がバレルよね。











パレスチナTactical Vest(タクティカルベスト) 【http://gerira13.militaryblog.jp/e590291.html
タクティカルベストTactical Vest(イスラエル製)【http://gerira13.militaryblog.jp/e630071.html
Harness/ハーネス(イスラエル製)【http://gerira13.militaryblog.jp/e631004.html
トランシーバー HYT (中国製)【http://gerira13.militaryblog.jp/e626386.html
water bottle/水筒(イスラエル製)【http://gerira13.militaryblog.jp/e626390.html
  

Posted by 賃貸人斬九郎 at 05:31Comments(0)人民抵抗委員会