QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
賃貸人斬九郎
賃貸人斬九郎
賃貸管理会社役員をやりながらゲリラ装備好きが高じてHamasハチマキの販売を初めました。カッサム旅団http://qassam.militaryblog.jp/

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年03月08日

日本史を変えたコルト 1851 ネイビー


名前の通り1851年に開発された装弾数6発、36口径リボルバー1850年代に当時のアメリカ軍で使われていた銃である。
有名なコルト社が作った銃だという事は名前でも分かるが陸軍や一般でも使われていたようである。



この銃が1854年にマシュー・ペリーが2度目に来日した時に当時最新型だったこの拳銃を幕府の重臣達に20丁贈ったとされている。



肖像画と写真は桜田門外の変を描いた物だが時代劇や映画などで何度も映像化されてはいますが主に少人数で刀で襲撃したように言われてきましたが
コルト 1851 ネイビーのコピー銃で当時の幕府のナンバー2の井伊直弼、近距離で下半身を撃たれ致命傷を負わせたらしいことが近年の研究で解ったらしい。




画像上:井伊直弼公で画像下は徳川斉昭公ですが元々幕府内で2人の対立がきっかけになり桜田門外の変(1860年)
に絡んでいたのは水戸の脱藩浪士が関わっていたのは有名ですが脱藩浪士に日本に入って来て6年ほどの最新鋭の銃を
持ってるはずが無く黒幕は斉昭公であったことは明白です。この事変の後は世の中が討幕へと突き進むわけですから・・・




しかもこのコルト 1851 ネイビーはどうやら水戸藩が鉄砲鍛冶に命じて作らせたコピー銃のようで日本人の作者の名前が入っていたり彫刻
まで施してある高価な銃であったことは間違いないようです。自分が驚いたのは輸入して僅か6年でコピーとは言えこの銃を開発した
日本の技術力に脱帽です。少人数で奇襲が成功するのもやはり科学力や軍事力が時代の速度を上げてゆくきっかけになるんですね。











        ハマスTシャツ【http://gerira13.militaryblog.jp/e536306.html
ハマスTシャツ(腕章タイプ)【http://gerira13.militaryblog.jp/e555680.html
      ハマスTシャツOD【http://gerira13.militaryblog.jp/e570913.html
    HamasロングTシャツ【http://gerira13.militaryblog.jp/e613434.html
  

Posted by 賃貸人斬九郎 at 05:14Comments(0)雑談&日常などハンドガン

2015年03月02日

KSC訪問


2月の中頃に丁度お休みが取れたのでチーム斬九郎の手引きよりKSC社とコンタクトが取れまして山梨の甲斐市にあるKSC本社を訪問してきました。


建物内に入ると流石、有名なトイガンメーカー100丁ぐらいはあったでしょうか?沢山のエアガンやモデルガンなどが展示してあり圧倒されました。
その後に社長室に通されました。販売担当の方が会っていただけると思っていたのですがまさか社長様が直接お会いして頂けるなんて光栄です。



今回の訪問の目的はブローニングHPの製品化とベレッタのエジプトでライセンス生産されているヘルワン92のグリップのいマイナーチェンジをお願いに行きました。
その中でお話の中でKSCの銃は外側の大きさを実寸大の銃と同じ大きさで制作してから中身を考える手法を取ってることに深く感銘を抱きました。



自分も鉢巻を作る上ではリアリティの追及は譲れない部分なのでとても共感しました。自分も今後の製品開発で突き詰めて行かないと
いけない部分だと思いました。それとおもちゃであっても銃の開発にはとてもお金が掛かるという事にも驚かされました。



お話を聞き終わるとKSCの社長さんと2ショットで記念撮影をして頂きました。訪問中はまだ発売前だった
KTR-03を撃たせて頂き楽しかったです。かなり爆音が出るAKだったのでこれは売れそうですね。



最後はじっくりと社長のコレクションいや参考資料であるトイガンの数々を撮影させて頂きました。社長はモデルガンがお好みのようでした。


その中でもレア中レアものを発見!!若い方はもしかしたらご存知ないかもしれませんが西部劇と言えばジョン・ウェインの直筆サイン入りのガバメントが置いてありました。



持たせて頂いたのですが握るとグリップから手が出てしまう・・・お聞きするとアメリカのモデルガンは実物と
区別するために実寸企画より小さく作られているらしいです。1時間ほどでしたがとてもためになる有意義な時間でした。














イスラム聖戦鉢巻き(PIJ)【http://qassam.militaryblog.jp/e565575.html
イスラム聖戦ウットランドカモ鉢巻(PIJ)【http://gerira13.militaryblog.jp/e565804.html
イスラム聖戦鉢巻(バンドタイプ)【http://gerira13.militaryblog.jp/e598118.html
DFLP(パレスチナ解放民主戦線)鉢巻き【http://gerira13.militaryblog.jp/e612085.html
  

Posted by 賃貸人斬九郎 at 05:10Comments(0)雑談&日常などハンドガンAK

2015年02月04日

FN ブローニング・ハイパワー(Hamas・イスラム聖戦・ファタハ・人民抵抗委員会)


パレスチナのガザ地区や西海岸西岸地区ではパレスチナ聖戦士や民間人に至るまで良く画像で観掛けるのがFN ブローニングハイパワーですね。
死ぬ間際に米国の発明家であるジョン・M・ブローニングが1926年に設計しFN社が1934年に完成させた歴史のある拳銃。



ファタハのアル・アクサ殉教者旅団やデモ参加者の少年が携帯している模様。アル・アクサ殉教者旅団装備が軽装備なので民間人との区別が付きづらい・・・
そもそもパレスチナは武器の購入に関しては密輸業者に頼めば拳銃や小型のマシンガンぐらいだったら入手可能な地域。民間人がゲリラやギャングと変わりません。



人民抵抗委員会の女性兵士もかなり様になっていますね。カッコいいです!!使い慣れている感じがします。
パレスチナのゲリラ装備を女性がやるのなら鉢巻きとアバヤが有れば簡単に出来るので意外とお薦めです。



Hamasのデモ参加者兵士も使ってますね~本編と関係ありませんがメシュゴーグルのようなマスクをしています。サバゲーマーみたいですw



顔出しですが自爆志願者か司令官と思われるイスラム聖戦兵士もブローニングハイパワーを誇らしげに見せていますね。


最後は司令官でしょうか?演習中かPV撮影中のようですがこれもブルーニングHP。イスラム聖戦司令官がハンドガンを持ってるのは
敵前逃亡する見方の兵士を撃つためだって聞いてことがありますが本当なのでしょうか?ある意味都市伝説ですw













Hamas缶バッチ(本部タイプ)【http://gerira13.militaryblog.jp/e569352.html
ハマス缶バッチ(アル=カッサ●旅団缶バッチ)【http://gerira13.militaryblog.jp/e557381.html
DFLP缶バッチ【http://gerira13.militaryblog.jp/e569230.html
イスラム聖戦缶バッチ【http://gerira13.militaryblog.jp/e614014.html
アル・ナセル・サラディ●旅団缶バッチ【http://gerira13.militaryblog.jp/e614243.html
  

2014年01月25日

トカレフTT33で海外画像ぽく撮影してみる。

 

冬である現在、もっぱら撮影用と化したKSC トカレフTT33で中東の新聞や果物の小物を使い海外画像ぽく撮影をしてみました。



撮影に果物を使うととても海外画像ぽくみえます。アフガニスタンは葡萄やザクロや林檎の果物栽培が盛んな地域のようです。



市場には豊富な果物が溢れ食膳に果物が添えられるそうです。



チェチェンゲリラ・イスラム戦士の食事風景・・・バナナや林檎にザクロ、ピザやスプライトまで・・・この写真にはとても驚かされました。
こういう角度から撮影を楽しんでみるのもたまにはアリかも知れません。
  

2014年01月17日

実物グリップ検証 KSC トカレフTT33 

去年の夏に待ちわびていたKSC トカレフTT33してその出来のよさに感銘を覚えた。発売発表からかなり待たされてイラついたが正直買って良かったと思った。


画像実銃トカレフTT33



発射性能も申し分なくサバゲーでも使えるレベルなのでとても汎用性が良いし見た目や持った感じの重量感も堪らない・・・


そこで自分は実物グリップに変えたいという衝動を抑えられなくなりトカレフTT33の実物グリップの調査を開始した。このグリップ写真は実物グリップの裏の表の画像。


KSC トカレフTT33のグリップに実物グリップを装着したが加工なしで簡単に付いた。KSCと実物グリップが同サイズだということが判明した。


上の写真は拡大したKSC トカレフグリップですが実物と比較した結果表面の細かな傷や裏の錆び以外では
判別出来ないほどのクオリティーの高さであることが解かった。販売と同時に店頭から姿を消す実力は本物です。
  

Posted by 賃貸人斬九郎 at 06:01Comments(4)実物アイテムハンドガン