QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
賃貸人斬九郎
賃貸人斬九郎
賃貸管理会社役員をやりながらゲリラ装備好きが高じてHamasハチマキの販売を初めました。カッサム旅団http://qassam.militaryblog.jp/

2016年12月29日

パレスチナ聖戦士コーディネート術(LMG& GPMG活用術)


パレスチナ装備をやるにあたってタクティカルベストがネッグ(その内手に入れたいようですが・・・)になっている人が結構多くいらっしゃる。
それでもそれなりに見せたい!!方に良く聞かれる事が良くあります。それを打開する妥協案を思いついたのでご紹介出来ればと思います。


良くパレードなどでPKMやFN AMG(汎用機関銃GPMG)などのタクティカルベストを着ている画像がありますが特にGPMGの弾倉を入れるわけでも無いのにベストを着てパレードに参加している兵士(見栄えを良くするためでしょうが・・・)が観受けられますが戦闘時のことを考えるとタクティカルベストが無くてもいいような気がします。



上からHamas、ファタハ、DFLP(パレスチナ解放民主戦線) ですがPKMのBOXが無いような
状態なので体に弾倉を巻き付けていますね。7.62×54㎜R弾のダミーカートを付けても面白いかも知れないです。

※実物の7.62×54㎜R弾で揃えるとタクティカルベストを買うよりも高く付きそうですが・・・


上から人民抵抗委員会、PFLP(パレスチナ解放人民戦線) 、イスラム聖戦ですがPKMのBOXが付いている
ようなのでTシャツ、BDUのままだったり、最後のイスラム聖戦兵士はギリースーツなんて着ていますね。とても面白い!!



FN AMGですがPKMと比較すると画像数は少ないですが同様の結果が出てるようなのでBOXが有れば予算の事を
考えればそれ程ダミーカートも要らないかも知れないですね。因に上からHamas2枚にPFLPです。



次にLMGの話に移行しますが最近、電動ガンで発売されたRPDもパレスチナで使用されているので使ってみるのも面白いですね。
FN AMG同様、使用例の画像はとても少ないです。因に画像も上からHamasに下2枚が人民抵抗委員会です。



2枚ともファタハですがTシャツとBDU姿の兵士の画像が2枚ほどありました。これもドラムマガジンなのでタクティカルベストが無くてもいいような気がしますね。



最後に自分がPKMを持って撮った写真が2枚ほど有りますが上がハーネスを付けて撮った写真と下がBDUだけの写真と有りますがこんな感じです。
タクティカルベストがある場合でも無い場合でも色々なケースを想定してカッコ良く見せる工夫を研究してやってみるといいかも知れないですね。
  

2016年12月15日

エポレット(Epaulette)


パレスチナゲリラの兵士達が着ているBDUは中東で多く使用例が確認されるエポレット(Epaulette)付きのBDUが多く使用例として上がってきます。
タクティカルベストに隠れて確認し辛いですが多くはエポレット(Epaulette)が付いているようです。そこでパレスチナゲリラのBDUを検証してみたくなりました。


人民抵抗員会ですがウットランド、ブラック、6CデザートのBDUでエポレット(Epaulette)付き仕様のBDUが確認されました。



PFLP(パレスチナ解放人民戦線) でも人民抵抗員会と同様の仕様が確認できます。



DFLP(パレスチナ解放民主戦線) も以下同文ですね。上の3組織が使用しているBDUは比較的に
旧タイプの迷彩なのですが最新のデジタル迷彩ではどうでしょうか?後半はそちらも検証してみましょう!!


1枚目はDFLPですがデザートマーパット、ピクセルでエポレット(Epaulette)付きのBDUの仕様が確認できます。
2枚目、3枚目はファタハですがACU(UCP)、アーバンデジタルでもエポレット(Epaulette)付きのBDUが確認できます。



イスラム聖戦でもデザートマーパット、ACU(UCP)のBDUでエポレット(Epaulette)仕様が確認。しかし、ACU(UCP)の兵士はバックパックは何故かマルチカム・・・。



色々な種類のデジタル迷彩を使用しているHamasですが扉写真はデザートマーパット、ACU(UCP)、アーバンデジタルでもエポレット(Epaulette)付きのBDUです。
07式砂漠迷彩ですが少し前にご紹介した時は中国直輸入の物だと思っていたんですがどうやらエポレットが付いています。現地裁断、エポレットを後付け!?謎ですw


エポレットは元々弾帯やハネースなどを肩で固定できるようなものとしてつくられたらしいですが階級章などの
装飾として飾るパーツでもあるのでパレスチナでもチームカラーに合わせてアラビア文字で階級章があるようです。
※写真上からファタハ、Hamas&イスラム聖戦、イスラム聖戦
  

2016年12月08日

Hamasデザートマーパット(DESRT MARPAT)


パレスチナのガザ地区を拠点とするパレスチナゲリラのHamasですがアメリカ軍でも使用されているデジタル砂漠迷彩
のデザートマーパット(DESRT MARPAT)迷彩に装備更新されている画像がちょくちょく確認されています。



デザートマーパット(DESRT MARPAT)迷彩に関しては中東でも採用している国が多くあります。採用国はサウジアラビア、クゥエートや・・・



UAEやリビアなどで採用されているようです。砂漠用のデジタル迷彩なので実用性も含めて中東諸国の産油国でもウケがいいようですね。



エポレットが付いているデザートマーパット(DESRT MARPAT)BDUのようなので中東諸国で作られている物かパレスチナでの現地生産ではないかと思われます。



デザートマーパット(DESRT MARPAT)BDU着ている兵士の数を観ていると1旅団単位ぐらいの数
はいるみたいです。プロパガンダ映像を撮るために2~3着入れて写真を撮っているだけではなさそうですね。



黒いタクティカルベストやハーネスやチェストリグを付けるとBDUが薄い色なので濃淡がハッキリしてカッコいいですね。グローブやキャップやハットで
小物で装備を揃えてゆくと現用装備ぽくなってくるので新しいHamasが再現できるのではないでしょうか!?とても装備の参考になると思いますね。

  

Posted by 賃貸人斬九郎 at 05:52Comments(0)Hamas

2016年12月07日

Hamasパーティーフラッグ(政党旗)


パレスチナのガザ地区に拠点を置くパレスチナゲリラのHamasがパレードの時に良く観掛けられるグリーン旗があります。
ハマスの組織、政党の旗であるパーティーフラッグ(党旗)のレプリカがこのたび発売になりました。



実際の現地画像では政党の集会やHamas軍事部門の行軍、車などでのパレードの移動中やプロパガンダ画像などのPV動画などに良く使われている画像があります。



普通に旗として使うのではなく、体にミノムシやマントのように結び付けてプロパガンダごっこして遊んでも面白いと思います。




デザインは数ある旗のデザインから上記の物を採用しました。旗のサイズは1000㎜×1500㎜です。薄いサテン生地のせいか大きい旗ですが少しの風でもたなびくきます。旗のポールへの取り付け方ですが旗の端が筒状になっていてポールを通せるように作られています。現地画像の様に角材(面取り材19㎜×28㎜×1985㎜がお勧め)を使うとリアル感が出て面白いです。


※旗ははイスラム教の象徴的な内容であり特定の団体だけのものではありません。従って扱いは丁重にして下さい。
踏んだりしたらいけません。日の丸燃やして喜んでるどっかの国の人と同じことは間違ってもしないように扱って下さい。







販売価格7400円









販売等の問い合わせに関しましてはこちらへ・・・





  

Posted by 賃貸人斬九郎 at 06:05Comments(0)Hamas

2016年11月21日

ミツネフェット(Mitznefet)IDFカラー


ミツネフェット(Mitznefet)はパレスチナゲリラのHamasやイスラム聖戦、DFLPなどなどが敵からの索敵を防ぐために輪郭をぼかす意味で被っている装備品の1つです。



イスラエル軍IDFが使っている物のローカルメイドのイスラエル軍IDFカラータイプのレプリカです。生地はアメリカ軍で使っているツイル生地を使用しております。



ミツネフェット、タクティカルベスト、BDUなどをイスラエル軍IDFカラーの物で偽装してイスラエル領内に侵攻や偵察などのゲリラ戦で使われているようです。

※注 参考写真は上からHamas、イスラム聖戦、DFLP



夜間や遠目から観ると自分達の味方だと勘違いを誘う、孫氏の兵法で言う『兵は詭道なり』を地で行く偽装装備です。
※注 上写真2枚はイスラエル軍IDFなのでHmas偽装兵と比較してみて下さい。


大きさもオーダーメイド生産なので傘の大きさはお好み大きさや形を選ぶことが可能です。頭のサイズに合わせた物をご用意出来ます。
※平均的な物は傘の大きさは40~43cmですがそれ以上大きい物もご相談で制作は可能です。



販売価格6000円






販売等の問い合わせに関しましてはこちらへ・・・